それは突然やってきます。

 

f:id:teineiniikiteikuhito:20160409142821j:plain

 

一昨年の冬、突然のできことでした。

はじめは、寝違えかなという違和感から始まり

次の日も次の日も続きました。

起き上がって一歩床に踵が付いた瞬間痛みが走る。

そんな日が何日か続いたある日。

 

 

物凄い激痛で目が覚めました。

はじめはどこが痛いのかわかりませんでした。

起き上がろうとすると、脳に響く様な痛みが走ります。

起き上がるとようやく、その痛み箇所が、首かもしれないと気づきますが

ちょっと動かしただけでも、脳に響くのです。ズッキーンと。

もしかして脳梗塞?と思ったくらい頭が痛いのです。

 

仕事を休む訳にもいかず 、仕事へ向かいましたが

上も向けない、下も向けない、勿論左右も。歩くだけでも響いて痛い。

やっとの思いで仕事をこなし、定時に上がらせてもらい整形外科へ。

 

レントゲンを撮ってもらった結果、

本来カーブしているはずの首が真っ直ぐになっているとの事。

パソコン作業が長い人や俯向く姿勢が多い人、

首の細い人がなりやすい。

 

いわゆる〈ストレートネック〉である。

 

ヘルニアではないから大丈夫と言われましたが、大丈夫ではない。

結局、お薬は、ロキソニンムコスタとシップ。

温めてもらう処置をしてもらいましたが、全然よくならず。

 

その足で、整骨院に行きました。それでもよくならず、

次の日違う整形外科に行っても、結局は薬のみで何もしてくれません。

痛み止めは効かず、痛くて眠れず、地獄のような数週間を過ごしました。

 

やがて、年末の休暇に入り実家に帰りました。

そこで、家族が通っている整体に連れて行ってもらったところ、

一回の施術で本当に楽になりました。

実家にいる間にもう一度行き、だいぶ良くなりました。

 

今は、疲れがたまったりすると少し痛くなりますが、

ちゃんと体操をしケアをして寝ると、次の日はだいぶ良くなっています。

 

本当に腕のいい整体の先生や、整骨院の先生に出会えれば

1番よいのですが、なかなか、見つからないですよね。

 

病院ではほとんどなにもしてくれません。

むしろ、治りませんと言われることも多いです。

 

結局は自分で治すしかないのです。自力で。

  

 

整体の先生に教えていただいた体操を、書いておきます 。

  • タオルをくるくる固く巻きます。 7cmくらい・心地よい高さに調整して下さい 。
  • 仰向けに寝てそれを、首の下に置きます。
  • 少しずつ右を向いていきます。ゆっくりです。30度くらいずつ3回に分けて右を向いていきます。
  • 同じく左も、30度ずつ左を向いていきます。
  • これを何度か繰り返します。向き辛い方を、もう一度やります。
  • そして少しの間休む。

   

もう一度書きますが、ゆっくりです。

首はとてもデリケートなので、ゆっくりと丁寧に動かしてください。

痛い時でもこれをやったほうがいいとの事。

この体操に1番近いイラストがのっていたサイトがあったので

載せておきます。

太田市の整体院コラム: もしかしたら、あなたもストレートネック?

 

 

そして、大事なのは 

  • 毎日この体操を続ける事。
  • 首を前に出さず上に伸ばす、肩の上に首を乗せるイメージ。
  • 仕事の休憩時間には、できるだけ体操する。
  • 少しずつ肩こりも改善していくこと。
  • そして、身体全体の凝りや歪みにも意識を向け、改善していく。

 

私は肩こりと首こりのせいで、上を向くとき、

肩が上に上がってしまい、うまく上を向けませんでしたが

徐々にちゃんと上を向けるようになっていきました。

仕事中は、そんなに時間がないのでストレッチは一つだけです。

 

  • 両手広げ、親指を首の後ろの  へこんだところに当て、手で頭を支えながら  ゆっくり上を向いて、頭を後ろに倒していきます。気持ちいいところでストップ。
  • 手は頭を支えたまま、今度は頭を前に倒していきます。胸をみる感じです。手の重みを、加えるとさらによく伸びます。数回繰り返すとスッキリしますよ。

 

わたしがストレートネックだとわかった時は、

ちょうど仕事が忙しかったり、さまざまな面で大変な時期でした。

自分では、肩こりの為に体操をしたり、

色々気をつけていたつもりでしたが

身体はついていってなかったのです。

寝違えかな、変だなと感じた時にしっかりケアしていれば、

ここまでひどくはならなかったと思います。

今は、ちゃんと身体に声に気づくように注意し、

首を伸ばして肩をさげ 、呼吸を深くするよう意識をしています。

 

首が痛いな、重いなと感じている方の参考になれば、幸いです。

たかが肩こり首こりとあなどってはいけません。

もしかしたら、突然痛みがやってくるかもしれません。

パソコン作業が長い方、お疲れの方、首が細い方、

お気をつけくださいませ。

 

首は大切です。