食べることは生きること。

今も続く地震ですが、自分に何ができるか今日は考えていました。

 

 

 

わたくしは東京に住んでいますので、地震が起きてからも

普通に仕事をし、生活できています。

しかし、あまり眠れず、食欲もなく、ニュースを見ながら泣いていたり

なんだかぼんやりした日を過ごしていました。

 

心が乱れると、やはり家の中も乱れますね。

ここ数日で少し荒れてしまいました。

今日は、朝起きてから掃除をして洗濯をして家を整えました。

そしてその後、自分に何ができるか考えました。

 

...

 

 

お水がたりないそうなので、

こちらから送ってあげたい気持ちになるのですが 

個人での物資支援はなかなか難しいようです。

↓ こちらがとても参考になりました。

支援物資等を提供する | NPO法人レスキューストックヤード(RSY)

 

昨日はコンビニの募金箱に募金をしましたが、

やはり募金か寄付が一番いいのではないかと思います。

 

わたくし自身、ただの会社員でお給料も高いわけではありません。

ですから大した額ではありませんが、できる範囲でしようと思います。

 

その為には、まず健康でしっかり仕事をしないとだめですね。

被災地の現状をテレビ越しに見て、泣いて、胸が苦しいからって

ご飯もあまり食べず倒れたら、ただの馬鹿です。

ご飯食べて元気出してしっかり働いて、寄付していこうと決めました。

 

...

 

 

そして、ご飯を作りました。

今日はちょうど、実家からお米が届きました。

届いたタイミングがはかったようで、

なんだかホロリと心がほぐれました。家族に感謝です。

いつもは玄米ですが、今日は届いた白米をいただきました。

 

アボカドのおさしみ と めかぶ納豆丼を作りました。

 

f:id:teineiniikiteikuhito:20160417204744j:plain

 

ご飯を普通に食べれることに感謝をしながらいただきました。

すこし元気がでました。

明日からまた せいいっぱい生きよう。一生懸命仕事しよう。

 

 

最後に、わたくしを支えてくれた言葉を。

 

福祉をやるには確かに時間とお金がかかる。

    特にお金がないと見栄えのいい福祉はできません。

    でも、お金がない人は時間を寄付すればいい。

    お金も時間もない人は、福祉に対する理解を示し、

    実際に活動をしている人に拍手を送るだけで十分。

    それでもう立派な福祉家なんです。福祉ってそういうもんです。」

     http://www.earth-words.net/human/sugi-ryoutarou.html

    大好きな杉良太郎さまのお言葉です。 

 

 

被災された皆様の安全を心より祈っております。

 

本日もお読み頂き有難うございました。