読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七号食を終えて、身体の変化と心の変化。

生き方・思い・考え方 七号食

 

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628130935j:plain

 

26日で無事七号食終了致しました。

27日昨日はおかずを久し振りに食べました。

 

・玄米

・具ありなめこの味噌汁

・ひじきの煮物

 

ひじきの煮物 は

ひじき・人参・切り干し大根・玉ねぎ・しらたきに

出汁をとった大豆と昆布(細かく切り)を入れました。

 

しらたきを油無しで炒め水分を飛ばし、

人参、玉ねぎの順にオリーブ油小さじ1で炒めた後、

出汁+ひじきの戻し汁少しに

醤油・酒・みりん少しで味付けをしました。

 

本当に美味しかったです。

新玉ねぎの甘みとみりんの力も大きいと思いますが、

砂糖を入れないのに、あま〜い!幸せでした。

 

 

 

今日は、午前で仕事が終わりなので、家で昼食を。トップの写真です。

昨日で、味噌が終わってしまったのでスープに。

醤油も終わってしまったのでひじきは今日作れず、

大地宅配で届いたサラダほうれん草をサラダに。切っただけですが。

 

そして納豆❤︎美味しすぎて感激しました。

 

玄米はまたちょっと焦げてしまいました。

水加減はだいたい慣れましたが、0.5合だとやっぱり火加減が難しい.. 。

 

 

 

玄米・塩・味噌・醤油は

良いものを使おうと思いましたので、大地宅配で注文しました。

他には甘酒、ごま、納豆、安心の食器用洗剤も注文。

 

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628141241j:plain

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628141317j:plain

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628141328j:plain

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628141401j:plain

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628141409j:plain

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628141414j:plain

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628141419j:plain

大地宅配は注文から配達まで少し時間がかかるので、

早め早めに注文しないとなぁ。

 

 ...

 

 

さて、

七号食になぜ、挑戦したかと言いますと理由は3つありました。

 

・身体の中を、一度キレイに整えたい。

・食べ物に関する感覚を、しっかり確かめたい。

・食べ物に対する意識を、改めて考える。

 

それぞれ自分の中での変化があったもの、

なかったものがありますので記録しておこうと思います。

 

...

 

 

■身体の中の変化としては、まずは身体が軽くなりました。

足の痛み肩こり腰痛が良くなりました。

 

アンダーバストの下から無駄なものが削げました。

ブラのアンダーサイズが小さくなりました。

欲を言えば、胸が全体的に小さくなって欲しかったです。

胸は程よい大きさの方が、服をカッコよく着こなせる気がいたします。

 

お尻は筋トレをしていた為、落ちることなくキープでき良かったです。

 

足のムクミが軽減。

 

頬の赤みがなくなりました。元々りんごほっぺなのだと

思い込んでいましたが、そうではありませんでした。

 

 

 

七号食後半に、眉間と左顎に吹き出物ができました。

眉間は肝臓、顎はホルモンバランスだそう。

日頃の生活から心当たりがありましたので、

この二つには、より気をつけていこうと思います。

 

 

 

血圧は 50-88 、56-90 、60-90  この数値が多いです。

七号食実践中も変わりませんでした。

元々低血圧ですが、今までも今も、不調ではないので

これはこれで、いいのかなと思います。

 

 

 

あと、腸についてですが普段 便秘気味になることもありました。

七号食実践中は食べる量も少ないので、お通じがない日もありましたが

腸のなかで腐らない?のでお腹がはらず苦しくない。

 

そして、和のヨーグルト 玄米甘酒を 飲んでいたので

全体的にみると、お通じは悪くありませんでした。

 

ヨーグルトを気をつけて食べていた前よりも

粗食で玄米甘酒を飲んでいた方が、快調でした。

 

わたくしはヨーグルトよりも植物性乳酸菌の方が合うのもしれません。

和の発酵食品を積極的にとっていこうと思います。

 

 

 

■感覚としては、味覚が一度リセットされた気が致します。

それぞれの味覚がしっかり感じられるようになりました。

 

砂糖を抜くことにより甘みが、特に敏感になりました。

砂糖がなくても食材から甘みが出ることをしっかり実感。

 

 

 

■意識についてですが、わたくしは食べるものは、

自分で狩れてさばけるか と いうこと想像し それを基準に

食べる物を選んでいます。

 

ですから、家で豚肉牛肉は食べる事はありませんでしたが

誰かとの食事の際や、用意していただいたお肉に関しては

しっかり感謝をしていただくようにしています。

 

この食に対しての意識は、変わることはありませんでした。

 

しかし、こうしてご飯をたべられることのありがたさと

『いただきます』の手を合わせることの大切さを 心から実感。

 

 

 

食についてや、考え方についても

今まで、自分が興味があり調べたり勉強してきたこと、

実践してきた事が間違っていなかったと実感できる16日間でした。

 

点と点が、線になったという感じです。

 

今は色々な情報が溢れていますので、何事も鵜呑みにすることなく

自分でしっかり調べ、自分に合うもの、自分が正しいと思うことを試して

違うなと思ったなら修正して、また試して、

そうして徐々に自分の身にしていきたいと思います。

  

f:id:teineiniikiteikuhito:20160628130939j:plain

 

20代後半に買って、読んで本棚行きになっていたものですが

30歳になって座右の書に。

生き方、食に対しての考えの礎になった本です。

 

七号食を終え、さらにこの本の内容が身にしみます。

 

この本の中より『五観の偈のおしえ』

 

一つには、功の多少を計り 彼の来処を量る

      この食事がこうして目の前に運ばれるまでに

      かけられた多くの手間と労力を考えてみよう

 

二つには、己が徳行の全欠をはかつて供に応ず

      自分はこの尊い食事を食べるに値する

      行いをしているか、反省しよう

 

三つには、心を防ぎ とが を離るることは貪等を宗とす

     私たちの心をくもらせている

     もさぼり・いかり・おろかさの三つの毒をしりぞけ

     欲を離れあやまちをおかさぬよういましめよう

 

四つには、正に良薬を事とするは形枯を療ぜんが為なり

     美味を楽しむためではなくこの身が痩せ衰えることを

     防ぐ薬としてありがたく食事をいただこう

 

五つには、成道の為の故に今此の食を受く

     仏道を成し遂げようとする願いを叶えるために

     このありがたい食事をいただきます

 

食事は楽しくとることも大切ですが、

時には何のためにこの尊い食事を食べ、

自分は何を行うべきなのか、

心を静めてゆっくりと

その意味を考えてみることも必要でしょう。

 

 

【偏界曾て蔵さず 〜へんがいかつてかくさず〜

この世のすべてのものが、隠すところなく仏道の真理を語っている。

仏道修行とはそうした

現実生活の営みの中にあるということを忘れてはいけない。

さまざまな日常生活の中にこそ真実がある。

 

 

わたくしは仏道の修行をしているわけではありませんが

上の言葉を、正しく生きていく為の道しるべとしています。

  

...

 

 

長くなってしまいましたが、

とにかく七号食をやって本当に良かったと思います。

また機会をみてやりたいなぁと思います。

 

 

ご覧頂きまして有難う御座いました。