読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶があやふやになると、不安になる。

  ※わかりやすいので、食べ物に例えます。

 

  例えば、メニューに[ごはん]と[かつ煮]があるとします。

 

 

「これは一緒にして【カツ丼】にしてだそう」

   と上司の案でご飯とかつ煮はなくなり、カツ丼に。

 

 

1年後..

 

 

「やっぱり[ごはん]と[かつ煮]別々の方が美味しいよね」

   という上司の一言でカツ丼はなくなり、ごはんとかつ煮が復活。

 

 

さらに1年後..

 

 

「ねーなんでこれは【カツ丼】じゃないの?」

  

 

『◯月△日に、カツ丼はやめて、ごはんとかつ煮にしてと

   ご指示いただいたはずですが.. 』とわたくし。

 

 

「いやでもカツ丼の方が美味しいでしょ。違う?」

 

 

『 ... (じゃあこの1年はどうなるの?と答えられずにいると)』

 

 

「チッ」舌打ち。

 

 

『では、またごはんとかつ煮はやめて、

   カツ丼にするという事でよろしいですか?』と聞くも

 

 

「ブツブツブツ...   ブツブツブツ!チッ!バン!」  

   怒りながら舌打ちしながらゴミ箱を蹴って去って行きました。

 

 

 

 

上司は(50代女性)指示がコロコロ変わるので大変です。

こういう事が多々ありますのでついていくのも一苦労で御座います。

自分を守るためにも、指示は日付入りでメモしています。

すぐ目の届く所に置いているので、忠実に守ってきたはずなのですが..

 

 

しかし、ここまでくると

自分のメモがあっているのか記憶が正しいのか不安になってくる。

 

 

舌打ちも上司の癖らしいのですが、ほんとうに慣れない。

舌打ちって、あー今この人怒ってるんだとか不愉快なんだなぁと

すぐ分かりますよね。気持ちのいいものではありません。

 

 

その後も色々問題があり、

結局今後どうするかは決まらないままです。

 

 

[ごはん] と[かつ煮]と【カツ丼】

どれも手間もお金もほぼ変わりませんから!

作るのはわたくしです、あなた様の好みこだわりよりも

もっとお客様の好みに合わせたいです!と今度言ってみようかしら。

 

 

まぁ、寝て起きたら

上司の行為はどうでも良くなっていると思いますが

お客様にとって一番いい方法を考え、対策をねりたいです。

 

 

自分の記憶すらあやふやになったりすると、不安な気持ちになります。

落ち着かないですし、心がガサガサします。

そんな時のお薬はカロリーナコストナー

 

 

 

m.youtube.com

 

おうつくしい。

このピアニストの方も好き。

やっぱり笑顔は癒されます。

 

ガサついた時はコストナーです。心の保湿剤で御座います。

 

 

 

 

 

お付き合い頂きまして、有難う御座いました。